バイアグラは日本の少子化を防げるか

 

現在の日本人の出生率が低下し続けると、数百年後には日本の人口が100万人程度になるという統計があります。

 

少子化を考える

つまり、日本は消滅してしますというのです。もちろん、それ以前に老人社会が進め、経済的に破たんして日本は崩壊してしまうのですが。

 

ところで、この人口論と言うのは、とても複雑な学問で予想は簡単ではありません。
最も重大な要因は、経済的な要因である。国民一人当たり所得が増えると子供を育てるのが大変になるそうです。

 

つまり国が豊かになれば必然的に少子化が進むのです。この基本的な枠組みに対しては、少々の政策や個々の要因は無力です。

 

バイアグラで再婚が増加し、セックスが増えて結婚が増えても、アポーションが少なくなければ何にもならない。モラルの低下と無知から現代の十代の女性の結婚が増加しても、全く少子化問題対策にはならない。これに再婚が増えればほんの僅か少子化対策になるかもしれない。

 

しかし国家としての少子化対策が総合的、根本的になされない限り、少子化回避は不可能です。
若い世代の負担は増え、日本人の心は弱くなるばかりなのです。

 

ところで、中間管理職の男性が自信を取り戻せるかもしれない。ただでさえストレスに苦しみ、妻には無能呼ばわりされ、子供の顔色をうかがい問う情けない40代の男性が、そのうえインポテンツならば自分自身救いがない。しかし、バイアグラで性的機能が回復できれば悩みの一つが改善され、きっと自信を取り戻すきっかけになるに違いないです。

 

 

セックスは、健康にいい

セックスと健康の関係性

充実した性生活は心身両面でプラス効果があるという話をあちこちで耳にします。

 

実際、各種調査の結果、エッチに健康促進効果があることは実証済みです。
けれどもこの説が当てはまらない人たちもいます。

 

そういった人たちにとっては、エッチは楽しいどころか有害極まりないもので、極端な場合には身の破滅になりかねないのです。

 

それは、病的なセックス中毒にかかっている人たちのことで、その中毒の度合いはアルコール中毒、賭博癖、過食症、拒食症と同等なのです。

 

セックス中毒の人たちはどれぐらいいるのかは意見が分かれるとことですが、先進国では大人の5パーセントほどだという学者もいれば、もっと少ないと主張する学者もいます。
たとえがドイツ中毒撲滅センターの学者はドイツでは人口の1パーセント未満だといっています。

 

ただし、男性患者が女性患者の約四倍いると言う点は専門家の意見は一致しています。

 

セックス中毒

セックス中毒

セックス中毒は、アルコール、ニコチン、コカインなどのような物質が原因ではなく、幻想力、性欲がトラブルの元なので、学者たちはセックス中毒のことを「非物質的中毒」と呼んでいます。

 

この中毒者にとっては、セックスは快感でもないし、満足することもありません。

 

いわば強迫観念のようなもので、長期的には自滅的なのです。

 

エイズや性病といった危険さえ覚悟していますので、この点ではヘビースモーカーと似ています。
つまり、健康を損ねることは十分に知っているにもかかわらず、行為に及ばずにはいられないのです。

 

こうして、大勢のセックス中毒患者が社会から相手にされなくなっていきます。

 

パートナーを見つけるために、面目を失うだけでなく、そのために家族にうそをついたり、裏切ったりします。

 

誘惑に負け、刺激を求めて何度も言い寄っていく彼らは、すぐに興奮してクライマックスに達してしまいます。

 

相手が誰だろうが、その相手がどんな欲求を持っていようがそんなことは関係ないのです。

 

一般の人たちも多くの異性とエッチしたいと思ってはいますが、セックス中毒者は中毒特有のコントロール不能状態に陥っている点が一般人とは違っています。

 

確かに彼らは、自分で自分がコントロールできないことを知っていますが、もはや自力では何の抵抗もできないのです。

 

挙句の果てに重大な精神病にかかり、徹底的な治療が必要になります。

 

ところがここに、中毒者特有の問題があります。彼らが、同じ悩みを持つ人たちの自助グループや医者のところに行くのは、自分が中毒になっていることを認識し、自分一人ではどうしようもないということをようやく自覚した時なのです。

 

患者な中には、劣等感を持っている人が多いです。これは目立った特徴で、相手を次々に変えてはエッチしているということで、自分には力があると感じているのです。

 

多くのセックス中毒の原因が子供時代にある例をよく見かけます。心理学的な研究によると、セックス中毒患者の大多数は、親が性的なことをすべてタブー視している家庭で育っているのです。

 

これは矛盾に聞こえるかもしれませんが、「年が得に刺激を感じるのは、禁じられたこと、拒絶されたことに対して」なのです。
ですから、セックスは汚くて悪いことだと教えられた子供たちこそ、大人になってからセックスしたくてたまらなくなるのです。

2016/05/24 10:32:24 |

男女によるバイアグラへの考えの違い

勃起機能が失われてしまった男性にとって、バイアグラで応急処置をして回復したいと考える人がほとんどかもしれませんが、その考え方が偏りすぎると危険だと考える人もいるのです。

 

バイアグラそのものが、責められるべき要素ではありませんが、社会における性欲の男性かの強まりの中心に、女性たちを過度に男性ぽい行動に走らせ、ロマンスや慈しみの無い、感情を無視するように導いた女性運動を据えています。

 

女性の進出で、このごろは、ロマンスや親密さを多くが、私たちの文化から排除されてしまいました。
男の人と同じように性恋を楽しむ権利が女性にはないといっているのではありません。
性が乱れすぎていると思うのです。デートするたびに、性行為をしなく手もいいと思うのです。

 

清らかさへの尊敬のようなものがなくなってしまっているのではないでしょうか?

 

同棲してはいけないといっているのではありませんが、誰とでも性行為をするのが当たり前だと考える女性が増えているように感じるのです。

 

情緒的に良くないと思います。進んでいるものはもう歯止めが効かないのかもしれませんが、その始まりがバイアグラの登場がきっかけだったように感じるのです。

 

その頃から女性についての男性の見方が変わってしまったように思います。それに、妊娠や、性行為で感染する病気に限って言うと、この文化が進むことはとても危険なことだと思うのです。

 

大切なのは、愛しあっているということです。性行為のためだけに誰かと一緒にいるなんて、女の考え方ではありえないことです。愛や慈しみの方が、性行為よりも大切なのです。男の人は、反対のことをいう人が増えていると思います。

 

 

性欲に関連する新しい問題の多い文化的期待と重圧を促進するとして、バイアグラを非難している女性は結構多いです。

 

 

彼女たちは、重著の無い、肉体的な男性の性欲とは対照的に、女性の性欲は、情緒的で、神秘的、そしてロマンチックだと解釈しています。

 

これらの女性多々値は、バイアグラと、ウーマンリブなどの大規模な社会勢力によって、男性の性欲が女性の社会に新しい危険な基準を合わせたと思っているのです。

 

 

理想の男性と性の重圧への文化的以降にもかかわらず、バイアグラは薬がどの問題も解決する作、または、どのライフスタイルも向上させるものとして存在するような問題の多い、一時しのぎの即効薬文化だといっています。

 

女性側の妥協としては、男性が女性を求めてくれば、男性に倍グラが必要ならば、彼のためになんじょうかかってあげたいと考えます。ですが、本心を話さ鵜の奈良答えはバイアグラはいらないです。
その薬が、性の問題を解決するとは考えられないのです。近頃では、何でもかんでも薬で解決使用します。それが今の文化なのでしょうが。

2015/10/08 11:52:08 |

震災後エッチ症候群

 

人間は生命が極度に危機的の状況に陥ると、性欲が急激に湧いてくるときがあります。

 

そのことを、「震災後エッチ症候群」や「テロ・セックス症候群」と呼ばれることがあります。

 

子の現象について、医学的な根拠をこう説明しています。それは、生き延びることができるかどうかわからない切迫した不安の最中には、各種のホルモンが生じるというのです。

 

性ホルモンであるテストステロンだけでなく、刺激性の各種ホルモンの分泌量も増加するのです。

 

中国の三国志時代にも、劉備が荊州を出発して曹操から逃れるときに、命が風前の灯火という状態で劉備は妾とセックスに興じていたとされています。

 

これは、物語上では劉備の肝が据わっているという部分を強調したかったのかもしれませんが、本当は生命の危険を感じた脳がホルモンを分泌したからかもしれません。

 

しかし、このような状態で性欲だけが盛り上がり、恋愛感情の全くない行動は良くないように感じてしまう人が多いかもしれません。

 

実際に実施された研究の結果では、人間は身近に脅威が迫ってくるのを感じると、パートナーにとてもに引き付けられるようになるそうです。

 

それはまず、そうした状況を切り抜けるには健全な人間関係が役に立つからです。また、自分が死ぬという不安が強くなってくると、ほかの人への愛情が非常に深まるからです。

 

2015/10/08 11:46:08 |

人間のエッチとサルのエッチの違い

 

人がサルから分かれて進化したことは、最も優美な祖先を望んできた人たちも今では認めている。

 

実際、人とサルには共通点がたくさんある。

 

ともに直立して歩くことができるし、前方を向いた大きな目を持っている。
両手を使って物をつかむこともできるし、平均以上の知能を持ち合わせている。

 

しかしエッチに関してはかなり異なっている。

 

第一に、人はサルと違って、みんなの前で性交したりしない。
それとも、エッチについても何か共通点があるのだろうか?あるどころではありません。

 

いずれにしても人とチンパンジーは98パーセントの遺伝子を共有しています。
動物学者の見解によると、血統から言えば、猿人類と人の方が、猿人類とほかのサルよりも近いのです。

 

オス猿はだらりと下がったペニスを持っていて、性的に興奮すると、子供でも勃起します。しかも彼らはそのペニスを生殖に使うだけでなく、まさに私たち人間と同様、快楽のためにかなり頻繁に用いているのです。

 

メス猿の方も胸に乳腺を持っていますし、メンスもあります。また猿人類はキスをしたり、品減の用に互いに肌を愛撫したり、いちゃついたり、性交時に喘ぎ声を上げます。

 

同性同士の性行動は、雄雌問わず、異性同士の交尾と同じくらい各種の体位で行います。

 

ほかの大半の動物とは異なり、彼らはこうしたことを人間の用に年中行っているのです。

 

2015/10/08 11:35:08 |

エッチする相手の数はどの国も大差がない

 

先進国の人も発展途上国の人も、家族を増やすためだけでなく、たいていは快楽のためだけにエッチしている。
そして世界のどこでも夫婦間の貞節は重視されているが、そうはいっても気軽に浮気してしまう人はあちこちにいる。

 

要するに、世界のどこでも基本的には性的関係は似たり寄ったりなのです。だから、一生の間にエッチする相手の数は世界のどこでも統計的にはほぼ同じといえます。

 

というのは実は大間違いです。コンドームメーカーのデュレックス社の調査によると、一緒の間にエッチする相手の数は平均で7.7人ですが、生涯を通じて一人としかエッチしない人は全体の3分の一、そして、10人以上とエッチする人は16パーセントいます。

 

興味深い点が一つあります。相手が一人だけで満足している男性は、全体のわずか18パーセントしかいないのに対し、女性の方はその倍以上の39パーセントもいるのです。

 

また国別にみても、大きな違いがありました。人数の多い方から言うと、トップはアメリカで平均14.3人、次いでフランスが13.2人、オーストラリアが11人です。一方最下位の2国はインドと中国で、インドは3人、中国はわずか2人です。

 

 

2015/10/08 11:29:08 |

一大事が起こると、エッチどころではない

 

性欲は食欲と並んで人間にとって基本的な欲求であり、行動全般にかなり影響を与えます。恋愛している人は、

 

相手と親密になって性的な行動をとろうとし、日常の心配事や問題をしばらく忘れようとする。

 

逆にいうと、セックスの最中に金銭問題や仕事上のトラブルのことを考えたりすれば、性的に満足することなく終わってしまう。

 

だから重大な心配事や問題を抱えている時には、エッチをする気にはならないだろう。

 

そう考えてしまいがちですが、実は間違っているのです。状況が特殊かもしれませんが、自分自身の命が危険にさらされているときに、男女ともに急激に性欲が湧いてくることがあることが知られています。

 

また、ドイツ人のうちのほぼ半数がエッチの最中に死にたいと思っていることが調査で判明しています。

 

この考えは「もし市が近づいてきたら、もう一度でいいからできる限り活発に生きてみたい」という強烈な欲望から起こるのです。

 

まさに極限状態にこかれると、人は不意に「人生は無限ではない」ということに気づくときがあります。

 

人生を少なくとももう一度、たっぷり味わってみたいと思おうようになるのです。